フラワーアレンジメントの基礎用語①

フラワーアレンジメント、はじめて行うとわからない言葉がたくさん出てきます。
ここではフラワーアレンジメントで使う基礎用語をまとめて紹介したいと思います。

オアシスとは生花用の花留めの道具のひとつで、スポンジ状の固まりで水を含み茎を挿すのに使います。 オアシスはオアシス・フローラル・フォームともいい、日本語でいえば吸水性スポンジのことです。 オアシスには種類があり、アメリカでは普段使いに最適なものを、インスタント・オアシスと呼んでいます。

オアシス・フローラル・テープはオアシスを花器に固定させるときに用いるテープのことを指します。 耐水加工がしてあり、粘着力に優れているのがオアシス・フローラル・テープの特徴です。 オアシス・フローラル・テープはグリーンか透明色のものが多く花に溶け込みやすいよう配慮されています。

サハラとは、ドライフラワー用のスポンジのことを指します。 ドライフラワーやシルクフラワーなどのアレンジには、吸水性のオアシスを使わず、サハラを使います。

アレンジに使う装飾品をオーナメントといい、クリスマス時期に用いられる松ぼっくりなどが有名です。

チキンワイヤーは金物店などで売っている金網のことを指します。 オアシスの上や直接花器のふちにテープで留めて花を安定させるためにチキンワイヤーを使います。